通常版 娯楽版 トップ 一覧 ログイン

転職について

メビリンアドベンチャー職業転職について

あなたは6646人目の転職魔です。

転職とは

  • 現在自分の就いている職業から、別の職業へうつることを指します。

 転職の仕様

転職後
自身のレベル Lv1になる
HP 転職前のまま引き継ぐ
ステータス 全て8になる
武器・倉庫 転職前のまま引き継ぐ
所持金・預金 転職前のまま引き継ぐ
今持っている経験値 そのまま引き継ぐ
戦えるモンスター レベル0からやり直し
  • 転職前のHPが引き継がれるため、転職後は新規登録したてのLv1よりも高いHPを持ったLv1になれます。この仕様を利用して転職を繰り返してキャラクターを育成すると良いでしょう。
  • 転職の際の注意事項は次の項目を参照してください。

転職のしかた

  1. ページ上部にある「職業」のリンクをクリックし、転職ページへ飛ぶ。
  2. 転職ページ上部にある、職業を選ぶ欄で、転職先を選ぶ。

たったこれだけですが、注意することがあります。

  1. 現在なっている職業には転職できない。(例:戦士から戦士)
  2. ステータスが条件を満たしていないと転職できない。(ステータスが条件を満たしていない場合は、職業一覧の、該当する職業の背景が灰色になります。)
  3. お金がかかる(現在のLv×1000G)。
  4. 特定の性別でしかなれない職業がある。(例:侍は男しかなれない)
  5. 戦えるモンスターのレベルが0のみに戻る。

転職のタイミング

  • 「今の職業に飽きた」「あの職業やってみたい」といった気分による転職、「この武器を手に入れたから」「経験値がたくさん貯まったから」といった、ステータス面で機会を作って転職する例が多いです。
  • 今転職しても大丈夫なの? よくわかんないよという方は、メビリンSNSの日記でアドバイスを求めると良いでしょう。そのとき、ステータスを貼り付けておくとアドバイスがしやすくなるはずです。

自身の状況に合わせた転職

  • メビアドでより効率よくキャラクターを育成するには、転職のタイミング見極めることが重要な要素の一つとなります。また、転職先も重要となります。
  • ただし、メビアドは達成目標のない自由なゲームなので、苦労はしますが効率を求めず気ままに転職をするのも良いでしょう。

 レベル3やレベル4が倒せない場合

  • 武器威力重視型の職業がおすすめです。武器の威力が与えるダメージに大きく影響するため、素手の攻撃が弱いこの段階ではとても扱いやすい職業です。特に職業専用武器の種類が豊富な戦士がおすすめです。

 お金が足りない場合

  • 武器を頻繁に買い替えると金欠に陥ります。転職をしすぎても金欠に陥ります。
  • お金が足りない場合は、特殊技能「盗む」が使える盗賊がおすすめです。盗む場合は、金持ちソードなど獲得金額が増える武器を忘れずに装備しましょう。持っていない場合は、5万G貯めて買うことを強くおすすめします。

 貯蓄経験値が足りない場合

  • 詳しくは経験値を貯めたいときの転職の欄を参照してください。
  • 対人戦を積極的に行っている場合は、まず対人戦を控えましょう。相手に勝つまでに必要となる挑戦回数ぶんモンスター戦をしたときに得られる経験値と、勝つことで得られる経験値を天秤にかけてみましょう。前者のほうが多ければ、対人戦を行う意味は非常に薄いです。また、他にプレイヤーがいる限り必ず自身が倒せる保証はなく、非常に安定しません。
  • 安定して倒せているモンスターの次のレベルのモンスターがもう少しで倒せそうなら、貯蓄経験値を使い切るまで粘ってみましょう。次のレベルのモンスターが倒せるようになれば貯蓄が回復する場合が多いでしょう。尽きても倒せなかったらそこが転職時です。

経験値を貯めたいときの転職

  • 経験値を貯める(ここより経験値貯蓄と呼びます)うえで、理解しておきたいことがあります。それは、経験値貯蓄をする期間の長さです。
  • なお、最低でもレベル4を安定して倒せないと、モンスター戦で経験値を貯めることは困難です。そこに至るまではメビアド育成チャートなどを参考に育成しましょう。
とにかく手っ取り早く貯めたい!
とりあえず貯蓄経験値が欲しいけど、レベル9の攻撃なんてとても耐えられない!という人や、レベル4より上のモンスターは倒せない…という人はこちら。
長期間に渡って貯めたい
数万レベルと長期間に渡って貯めたい人はこちら。大泥棒はしっかり用意しておきましょう。
  • 経験値貯蓄をするならとにかく吟遊詩人になればいい!というわけではなく、詩人になったがために苦労する場合もあります。そのため、上で書いたように、貯蓄をしたい期間の長さで、転職先を変えます。以下に、それぞれの主な転職先を紹介します。

手っ取り早く貯めたい!タイプ

  • 共通点
    • 武器威力の影響が大きい
    • 貯蓄をするのは基本的にレベル8まで
職業名 主な特性 特長 備考
戦士 HPが上がりやすい 低い経験値と、豊富な種類の専用武器 対人戦も強い。初心者向け。レベル5を倒せる武器を持てば初心者以外でも。
レンジャー 手数料無料 17ターンくらいから攻撃力が強くなる、武器が安い ダメージ軽減特性により、対人戦において少し有利になれる。20ターン耐えられるようになってから真価を発揮する
君主 没収、カルマが上がりやすい 17ターンくらいから攻撃力が強くなる 没収を使えば少しお金稼ぎも可能。他職から武器を持ち込んだほうが良い。レンジャーと同様に、20ターン耐えられるようになってからが強い。
強い一撃が出やすい 男専用。斬るは扱いにくいので貯蓄途中に使うのはおすすめしない。必殺技+強い一撃で通常攻撃の36倍のダメージが出るため、レベル5突破が比較的しやすい。ついでに「村正」を買うと良い。
  • 盗賊はカルマが下がりやすいため、経験値貯蓄にはあまり向かない。
  • 踊り子は「チャージ時間短縮特性」が強力だが、専用武器もひとつのみで、必殺技威力も低いのであまり向かない。しかし、閑話休題スマッシュがあるならレベル8相手に戦っていけるので、経験値貯蓄はできる。

長期間に渡って貯めたいタイプ

  • 長期間なら吟遊詩人が筆頭。
  • レベル8が倒せるまでの期間を比べると、武器威力の影響が大きい職業に少し劣る
職業名 主な特性 特長 備考
吟遊詩人 モンスター戦においてダメージup 大泥棒や棒系と相性良 武器威力の影響が小さい。少なくとも大泥棒は用意しよう。高威力の武器も最初は役に立つので用意しよう。対人戦での攻撃力は低いので、対人戦はできるだけ避けよう。

最終職選び

最終職とは?
最後になる職業のことを、プレイヤー間では最終職と呼んでいます。つまり、それ以降は転職しないということであり、長い間その職業と付き合っていくことになります。最終職を決めずにさまざまな職業を転々とするのもプレイスタイルのひとつですので、あえて決めずに遊ぶのもよいでしょう。
最終職におすすめはあるの?
しいて言うなら、高レベル・高HPが生かせる特性を持つ職業がおすすめです。大半の職業は最終職にしてもがんばればなんとかなりますが、一部の職業は大変厳しいものがあります。不安であれば、メビリンSNSの日記などで相談してみるとよいでしょう。

 最終職になる目安

HP

  • メビアドはHPがモノをいうゲームですが、レベルを上げれば上げるほど最大HPも上がり、転職時の最大HPが最大HPに占める割合は小さくなっていきます
  • 生命力=最大HP上昇量の上限という仕様のため、転職回数を増やすと低生命力の時期が増え、Lv1あたりのHP上昇効率は落ちます。なるべく転職せず1つの職業でHPを高めたほうが効率的です。例えば、1000回のレベルアップをするとして、Lv1〜101を10回繰り返す(100回レベルアップ×10)よりLv1〜1001(1000回レベルアップ×1)のほうが、最大HPは高めやすいでしょう。
  • また、上記のことから、過度なHP上げをするより、ほどほどのHPで最終職になって、そこでより高レベルまで行くほうが効率的といえるでしょう。
  • しかし、相手の攻撃を耐えられれば耐えられるほど(20ターンという上限はありますが)攻撃がたくさんできるので、適度なHPの確保は重要です。HPの基準は、多く戦うことになるモンスター戦を想定しましょう。以下に例を示します。
500万未満
対レベル8で耐久力不足を感じるケースが発生する可能性があり、あまりおすすめできません。モンスター戦を火力で押し切れる職業(吟遊詩人など)向け。
500万〜1000万
レベル8との戦闘で耐久力不足を感じない程度のHPです。一部のレベルtop10やその少し下位程度のトップクラスなプレイヤーもこのHPの範囲で最終職に就いています。貯蓄経験値次第ではこの段階で最終職になっても良いでしょう。
3000万前後
レベルが上がり、レベル9のモンスターを相手にするところまできたとき、それなりな耐久力を期待できるラインです。これ以上は時間がかかるため、プレイヤーそれぞれのこだわりや気力との相談になるでしょう。
5000万前後
レベルが上がり、レベル10のモンスターを相手にするところまできたときに、十分な耐久力を期待できるラインです。また、大半のプレイヤーの攻撃を耐えられるようになります。
1億以上
どのレベルでレベル10に挑んでも、暗殺以外で負けなくなりますが、最終職への道のりは遠くなります。HP1億は、転職時HP10万程度なら1つの職業で淡々とレベルを上げてもLv70000程度までかかることを覚悟しましょう。3億〜5億くらいになるとレベル11の攻撃もかなり耐えることができるようになりますが、ここまでやるともはや今最終職をやっている人並み。

貯蓄経験値

  • 貯蓄経験値は多ければ多いほど安心感が生まれますが、実際はモンスターと戦い経験値を得ていくため、少なくても切らさずレベルを上げることができるケースが多いです。かつては「貯蓄経験値は、最終職で特定のモンスターが安定するレベルまでのつなぎのためのもの」といわれ、使うことを前提としていました。転職時の考え方も、これを踏襲すると目標を定めやすいでしょう。激ウマメニューによる枯渇を心配するなら、多めに確保しましょう。
  • 結局のところどれだけあればいいのかというのは、プレイヤー間でも結論が見出されていません。よくわからない場合は、こちらの積算経験値の表から、モンスターから得られる経験値を差し引いてみるとよいでしょう。レベル4以降はたいてい黒字になります。
1000億未満
昔からのプレイヤーはあまり大量の経験値を持たずに転職したケースが多いです。現在は激ウマメニューもあり、あまりにも少ないと途中で枯渇することもあるため、500億程度は持っておきたいところでしょう。
1000億以上
1000億あればどの職業でもLv1万を突破でき、そのころにはレベル8を安定して倒せるはずです。職業によってはレベル9と戦っていることもあります。そのため1000億持っておくとかなり安心。

お金

  • お金は、最終職に転職できさえすれば基本的に少なくても困ることは少ないです。
  • ただし、激ウマメニューの効果が5倍以上になると宿代が上がりますので、ある程度の余裕はもっておくとよいでしょう。

武器

  • 最終職によって異なります。
  • 「大泥棒」「棒系の武器」「脇差or村正」「高威力武器」の4種類あれば事足ります。棒系は最終職へ転職した時に持ってなくてもOK。必要なときに買いましょう。好みでほかの武器を装備しているプレイヤーも存在します。
  • 武器の効果等についてはこちらを参照してください。

関連するページ

編集履歴

  • [modify] 2017/05/14 02:34:58 by wataemon
  • [modify] 2017/02/26 16:10:04 by wataemon
  • [modify] 2016/09/28 20:57:34 by wataemon