通常版 娯楽版 トップ 一覧 ログイン

小説

メビリンWIKI>メビウスリングの掲示板>小説


あなたは1671人目の創造主です

概要

  • カテゴリの掲示板
    • 小説投稿城
    • 小説投稿城2世(大人風味)
    • 書き捨て!小説
    • 初心者のための小説投稿城
    • 中級者小説投稿城
    • プロ小説投稿城
    • SS投稿城
    • 短編集投稿城
    • リレー・合作小説投稿城
    • 恋愛小説投稿城
    • コメディ小説投稿城
    • ライトノベル・ファンタジー小説投稿城
    • 推理・ミステリ小説投稿城
    • ホラー小説投稿城
    • 設定資料投稿城
    • 募集・告知の間
    • 小説家掲示板
    • 本の掲示板
小説カテゴリとは
メビリンの創作系のひとつ。詩に並んで、メビリンの代表格のカテゴリである。こちらも、さまざまなお城があるので、自分のスタイルに合わせて書こう。

 小説カテゴリ内の投稿城・掲示板

小説投稿城についてルールを読む

  • 連載小説を書く場所に迷ったらここ。
  • しかし、大変人口も多いので、過去ログに流れやすい欠点がある。

小説投稿城2世(大人風味)についてルールを読む

  • ゆっくり小説を投稿したい人向け。
  • 数日に一回、といった更新ペースなら、こちらのほうが見てもらいやすいかもしれない。

書き捨て!小説についてルールを読む

  • どうにもまとまらない話や、断片的なアイデアからできたちょっとした文章などを書いていくところ。
  • とりあえず書き殴りたい人にも向いている。

初心者のための小説投稿城についてルールを読む

  • 執筆歴の浅い人、自分はまだ初心者だ、と思う人が小説を投稿する場所。
  • 受け入れ分野がとても広いため、人口はとても大きくなっている。
  • 自分の小説を宣伝するだけで、感想をほとんど書かない人が居たりするが、見てくれる人が多いのも事実。

中級者小説投稿城についてルールを読む

  • 小説書きに慣れた人が小説を投稿する場所。
  • 初心者のほうとは描写のレベルが違うものがある。

プロ小説投稿城についてルールを読む

  • プロ志向の人が小説を投稿する場所。いわゆる上級者向けのお城。
  • お互い批評をもらえるように、特別なルールが設けられている。

SS投稿城についてルールを読む

  • 読み切りの短編小説を投稿する場所。短編小説を書くならここ。
  • 読んでいて、短編ならではの展開や、驚かされるオチなどがあり、長編とはまた別の面白さがある。

短編集投稿城についてルールを読む

  • 短編小説をたくさん投稿する場所。
  • 共通のテーマを持った短編小説を投稿したり、何人かで集まって、同じお題で短編を書いたりと、使い方はさまざま。

リレー・合作小説投稿城についてルールを読む

  • リレー小説や、何人かの合作小説を書いていく場所。
  • 複数人でひとつの小説を作るという楽しみがあり、他のお城とは違う雰囲気がある。
  • 書くときは、あらかじめリレー・合作募集をして、案を練っておこう。

恋愛小説投稿城についてルールを読む

  • 恋愛小説を投稿する場所。
  • 携帯の恋愛小説に影響されたものもあったことがある。女性視点での恋愛物が多い。

コメディ小説投稿城についてルールを読む

  • コメディ小説を投稿する場所。
  • 面白く、そしてテンポの良い話の進み方ができるかが書き手の腕の見せ所。

ライトノベル・ファンタジー小説投稿城についてルールを読む

  • ライトノベルや、ファンタジー小説を投稿する場所。
  • 他のお城に人が流れがちでもある。

推理・ミステリ小説投稿城についてルールを読む

  • 推理小説や、ミステリー小説を投稿する場所。
  • いかに巧妙なトリックを考えられるかが書き手の課題。

ホラー小説投稿城についてルールを読む

  • ホラー小説、怖い話を投稿する場所。
  • ホラーというジャンルなので、舞台や設定も似てしまうことがある。

設定資料投稿城についてルールを読む

  • 小説の設定資料を投稿する場所。
  • 設定資料が投稿されている小説は少ない。

募集・告知の間についてルールを読む

  • 合作相談や、リレー小説の募集をしたりする記事がある。
  • あなたの小説読ませてください、といった内容の、感想・批評の依頼受け付けをする記事もある。

小説家掲示板についてルールを読む

  • 小説の技術などを語り合う場所。
  • 小説カテゴリのイベントもこちらで企画されるものがある。

本の掲示板についてルールを読む

  • 本について話す場所。
  • ひとつの本や、シリーズについて話すので、この部分はこう思った、など深くその本について話すことができる。

編集履歴

  • [modify] 2013/07/17 00:03:53 by wataemon
  • [modify] 2012/12/28 22:24:04 by wataemon
  • [modify] 2012/02/26 15:37:33 by wataemon