Google  検索:
 
トップ 一覧 検索 ログイン

作品レベル

このページは創作ガイドラインの1項目です。

作品レベル

  • 文章創作(詩、小説など)には、様々なレベルがあります。
  • あなたが長く、作品投稿をしていると、レベルに対する考えが生じることがあります。
  • そこから色々な感情、議論が生まれると思いますが、これは「レベル思考」について書かれたページです。

レベルへの考え方

 レベルへの怒り

  • ある作品のレベルに対して、怒りを感じることはありませんか。「何でこんなに低レベルなんだ」「こんなことはあってはならない」と。
  • けれどレベルというのは常に、それぞれの段階を持つものです。最初からうまい人や、最初から卓越している人は存在しません。
  • そんなとき、「作品のレベルが気に入らない」と腹を立てることに、どれだけ価値があるのでしょう。
  • 作品レベルに怒りを感じたときは、この言葉を思い出してください。「罪のない人だけが石を投げなさい

 レベルを受け入れる

  • もし作品レベルについて議論するとすれば、あなたより高いレベルの人もおり、低い人もいます。
  • あなたが怒りを感じているとき、あなたより高いレベルの人が、あなたを笑っているかもしれません。
  • あなた自身の作品は、完全なレベルまで達していると言えますか?あなたが作品を書き始めたときは、より低いレベルにいたのではありませんか?
  • つまり、レベルというものは、常に相対的なものでしかありません。当然のことではありませんか。
  • あなたは他者のレベルに対して、怒りを感じたり、気分を害したりする必要がありますか?
  • 他者のレベルに拒絶反応を起こさないでください。ただ、他者のレベルを受け入れる必要があるだけです。

 レベル志向について

  • 誰もが高いレベルを目指して、作品を投稿しているわけではありません。
  • 楽しむための作品があり、興味心で始めた投稿あり、様々な投稿スタイルがあります。
  • それを否定するなら、それは自分勝手な考えの押し付けに過ぎません。
  • 怒りを感じながら批難しても、人の気分を害すだけで、投稿レベルには少しも結びつきません。価値のあるのは建設的な批判?だけです。
  • それでも怒りを感じるのなら、あなたもまた感情的に、発展途上のレベルにいるのではないでしょうか。
  • 人にレベルを求める前に、自分自身に最高のレベルを求めてください。そのあとに、人の手助けをするつもりで、アドバイスをしてはいかがでしょう。

ヒント

 他者のレベルに悩んだときには。

  1. 自分の過去の作品を見返してみよう。きっと「人は成長するものだ」ということが分かるだろう。
  2. 他者を批難しても、得るものはひとつもないということを思い出そう。
  3. 周囲のレベルを高めたいなら、建設的な批評?をしよう。それか手はない。
  4. 「素直な心」は人に強制できないことを思い出そう。

関連ページ

キーワード

ガイドを見ても分からないことがある場合はメビウスリング質問運営をご利用いただけます。