Google  検索:
 
トップ 一覧 検索 ログイン

引用

総合ガイド > メビウスリング禁則 > 引用

引用

無断転載は禁止ですが、引用はしてもかまいません(法律上の権利)。

引用とは主張・表現などをおこなうために、一部分だけ、他の著作物を転載することです。

この場合、基本的に

  • あなたの文章がメイン(主)
  • 引用部分がサブ(従)

である必要があります。

例えば、既存の歌詞を10行もコピーして、「この歌好き!」とだけ書くことは出来ません。

引用をする場合は、「」や『』、>などの記号を利用して、出来る限り引用であることがはっきりと分かるようにしましょう。

引用の例:

私は、この歌詞を読んで、
とても感動したことがあるんです。

小さい頃、父の背中に負ぶさってこの曲を聞いたのですが、
今改めて聞いてみると、
本当にアーティストが心を込めて書いた歌詞なのだと、
思い知らされます。

>ああ、懐かしい日々
>ダイヤモンドを食べている
>ちっさな

(引用元:相良男爵の「Day by Day in Kyoto」)

許容範囲

メビウスリングでの許容範囲は、たとえば次のとおりです。

  • 小説中に既存歌詞を3〜4行ほど書く(作中表現として)。
  • 好きな歌詞を3〜4行だけ書く。
  • 上の例を問わず、程度問題として判断させていただく場合があります。

この範囲において違法性をお問いになる場合は、著作権者からの訴えが必要です。

関連ページ

キーワード

ガイドを見ても分からないことがある場合はメビウスリング質問運営をご利用いただけます。