Google
    

新着記事 ( 詩カテゴリ )

記事投稿者掲示板時刻
spiral( オカピ )( 作詞投稿城 )2018/01/22 01:10
気怠さの残る体を ゆっくり起こして 1つ深呼吸してみる 僕の血管を隅まで 苔むしたけれど 新しい匂いが染める ちっぽけな自分をなるたけ大きく見せたくて それこそが自分をどんどん小さく見せていた カナリアのような小鳥だって
街から街( GROWW )( プロ詩投稿城 )2018/01/21 15:36
空っぽの酒瓶に 、 くすんだ街を映しだすためには 、 にわか雨が必要だったりする 。 曇り空のしたの 、 使い古したシーツを思わせる光に包まれた 、 通りのガラス張りの 、 白亜の空洞を思わせる空きテナント 。 ビルの裏側の 、 空調の換気扇
ITの約款( イノウエアツオ )( 詩投稿城 )2018/01/21 13:42
契約法の全体像を 捉え切るのは容易ではない 次々考案される契約 多様化 、 国際化する契約 原則 、 修正 、 補充 、 新設 商法をはじめ相当数の 特別法が存在している ルールの意味を考えてみる 基本的には約束を守る した約束に拘束される
( 二川湯ん太郎 )( プロ詩投稿城 )2018/01/19 01:52
全部木は切ってしまった もうどこもかしこも黄色の 生命体ばかりで 断定される牧場だった 補導して行く蛍があった 「いい」「いい」と鳴く蛍は 位置に位置を重ねて 自分の領域を天空の星に求める 十字路にも信号はない 母のリハビリを予兆する
水槽の底のメダカ( 初心 )( 詩投稿城(感想版) )2018/01/16 23:45
メダカが水槽の下でじっとしている ほかのメダカから離れてじっとしている 一時間後 変わらずじっとしている 二時間後 三時間後・・・・・・ 翌日底で横たわり死んでいた メダカは暴れずじっとして訴え掛けていた 人も本当に苦しい時はそうだよね
そのままでいいのだよ( 一輪車 )( プロ詩投稿城 )2018/01/15 19:34
頭の上からだって 落ちてくるかもしれない 書籍の山 嗚呼 、 ことばたちよ そんなに泣かないで 一本の木と 、 ひと壜のインクに帰れ おれはもう 雨しずくの夕暮れに たれにも看取られず死んでいった 名無しの女しか信じない そのままでいいんだよと
単なる( 歯キャラ )( プロ詩投稿城 )2018/01/14 19:42
飲めない酒を飲んで 体を老けさせて 逃れない過去から 少しでも抗おうと のたうち回ってみたのです ネットの生放送で 醜態を晒そうと 道化を演じて 吐瀉を吐いてみたのです 労働の日々に 先はあるのでしょうか 握らされた五千円に
雨天( てたく )( 詩投稿城(感想版) )2018/01/14 01:10
衣装に目があった 水を欲して居ると 後光が差して来る 妙に明るい日だった テレサテンのつぐないが 流れて来て笑みが漏れる データを入力して 栄生駅(さこうえき)を 目指せばずこっと ずこっけて居る人が複数 居た和歌を詠む私は
( 小鳥 )( 詩投稿城 )2018/01/13 12:57
人は使命や責任を負った時 自我を奪われたもう1つの人格が 自分の中で生まれ 育っていく それは 自分が望む自分なのか 夢や願望 希望 それは本能的なものである それは議論の種になる すなわち 叶えることに意味があるのか 追い続けることに意味があるのか
じつにふざけた話( 一輪車 )( プロ詩投稿城 )2018/01/13 12:43
安売りスーパーで買った ひと壜199円のネスカフェ 封を切れば 泥に映った天の川 跨いで歩く黒い背中にテカリがみえる 人間のかっこうをした ケダモノだ ひと壜199円のネスカフェを ひと匙 カップにそそげば モカも アラビアも
まいうー( 二川湯ん太郎 )( プロ詩投稿城 )2018/01/11 23:47
もうウィンしていた ウィンは毛のようなところに ニキビを作る 何か赤い 、 赤紫のウィンが もう他界へ走り出そうとしている 茎は権威だった ウィンをした時の意見が 何も二重では無くて ドヌーブを連れて来た 今言うウィン コザックがうごめく
手をつないでどこまでも( 乃愛ネコ )( 作詞投稿城 )2018/01/09 20:06
君と初めてあった時 またいつかあの時のように 手をつないであの空へ目標にして歩きたいね 僕の隣であの歌を口ずさむ君 雪が降る度 、 いつでもずっとずっと (サビ↓) 手をつないでどこまでも 一緒に手をつないだ微笑みも 時が流れ別れまた会う日まで
早退( まどろみ )( 詩投稿城 )2018/01/09 13:39
制服 ってもん 着て 寝不足気味の 目を こする 吊り革 並んだ その 先の 流れる 景色を ボーっ と ボーっと 学校 抜け出し 静かな 電車の中で 白い 日差しと ゆれ て ゆられていた
少しのスイーツを携えていればいいみたいな( オレンジ )( 詩投稿城(感想版) )2018/01/09 02:18
脱ぎ捨てた靴みたいな詩も 書きたくなくなりました その弱さから しがみついていた恋も 自分の醜さに気づいてからは 足跡を残す詩も 書きたくなくなりました 真っ白な綺麗な雪みたいな 詩を書きたいなあと思いました 我欲が無く
仮定形( )( 詩投稿城 )2018/01/09 00:51
『……はずだった』 なんて なんて愉快で滑稽で不快で 心のざわめくたった一言 明るい未来も 消えてしまった夢も 裏切られた予測も ひっくり返った現実も 有り得たかも知れない可能性も 実際にそう思っていた過去も 思わず降って湧いた奇跡も
TKG( 一輪車 )( プロ詩投稿城 )2018/01/08 13:46
灯の 、 した こつん 、 と 落とす 。 香り 、 通って 。 ま 、 とほって 、 みず 、 光る 。 なめたるて 甘み 。 わたって 、 シロ 、 黄ひろと 、 かき 、 ゆすり 。 かき 、 ゆすり 、 甘み 、 かき 、 すすり 。 ぬるっと 、 こすり 、 こす 、 て 、 のみ あっ ほんっ
あの空の向こう側( おにぎり )( 詩投稿城 )2018/01/08 02:25
ありがとうとか大好きとか もっと伝えておけばよかったなんて 綺麗な思い出だけ残しておけたら そんな都合がいいことばかり なんて身勝手 写真を見る度思い出す あの時の会話 気持ち 声だけ忘れてくの 思い出せないの 空に昇る煙の先
居心地のいい作詞スペース( あほ )( 作詞投稿城 )2018/01/05 15:55
他と同じような 、 作った詩を発表するスレッドです 。 皆さんの素晴らしい詩をお待ちしています 。 ただ 、 少し他のスレとは違うこともしてみたいので 、 Youtubeなどで「作曲」した動画のURL掲載もお待ちしています! 曲の編集にお勧めなサイトも紹介します!
Always Full Voice( (e) )( 詩投稿城2世(大人風味) )2018/01/03 21:14
かごめかごめ かごのなかのとりは いついつでやる よあけのばんに つるとかめがすべった うしろのしょうめん ダァーアレ?
パントマイム( しましま )( 詩投稿城4世(隠れんぼ) )2018/01/02 20:08
こんにちは とりあえず手を挙げて笑顔 みんな 、 いいこにしてたかな? じゃーあ!! 元気よくお返事□ 動作だけでね□ 静寂の中にある裏側の中にあるうらがわ 綺麗なものは素直に綺麗だと思う 。 でも 、 違う感情もうまれる 無駄にながいこと生きたな
Give me( )( 詩投稿城(感想版) )2018/01/01 22:47
板チョコなんて 時代遅れになったよね 手も汚れるしカスも散る だけど 薄べったいのをパキと割って格子模様 なくなることはないのかも しれないね だから ちょうだいと 頼む妹の手のひらに 、 パラパラと 小さなカケラを落としたケチな姉も
見よっせん切りのプロに!・・・なれましたか?( 初心 )( 詩投稿城(感想版) )2017/12/29 22:12
お正月料理作るのに材料費が そっからはじまるお正月準備 段取りくんで作っていかなきゃ 終わるものも終わらない 少しネットのレシピを拝借 少し母の味を拝借 どっちも想いがこもってて温かい 千切り大根が苦手な私 母にいつも800切り大根と言われる私
white snow( ネオン )( 作詞投稿城 )2017/12/27 18:50
1.真っ白な景色 心踊るメロディー 空からのプレゼント 白銀の世界へ 探しに行こうよ 私達だけの 耳を澄まして 目を細めて まだ聞こえない声が 私だけの歌 (君への歌) 届くまで歌い続けるの 世界へ 今夜はyeah! 空からプレゼントが降るの
無口でいれば( オレンジ )( 詩投稿城(感想版) )2017/12/26 23:46
心の悲しみについて 無口でいなければならない 誰にも解らないからだ 風が心の戸口を行きかいしても 耐えましょう 悲しみが心の傷をつけないくらいに 。 あなたは 少しでもわたしのこの気持ちが解るのでしょうか? などと また
大きな空に手をのばして( ネオン )( 作詞投稿城 )2017/12/26 01:31
大きな空に手をのばして 希望つかむよ 初めて夢を見ること 君から学んだよ 新しい世界に 新しい気持ち 高鳴る鼓動 ずっと君を見てきて 私思ったよ 目の前の希望つかむこと 自分らしく前に進んで つまづいたって 続いてく夢のレインボーロード
とうとうがなし( 一輪車 )( プロ詩投稿城 )2017/12/25 05:05
一歩外に出ると 、 が 、 風に揺れている 。 あけの 、 み 、 あおり 、 の 、 もちろへ 、 これと 、 たに 、 嶋うち 、 あきつかた うしのかた 、 月のように 、 あきつかた とひ 、 ようように あけなおり 、 又めしよわちへ 、 かさなおり 、 又さしよわちへ
チッキューの夜( ねことバス )( 詩投稿城4世(隠れんぼ) )2017/12/24 23:45
星達がヒソヒソと話をする頃 うたた寝をはじめた月が風邪をひかないようにと 、 夜風が雲の布団を掛けます 夜風の囁きで起きたお月様 布団の端からこっそり顔を出し 遠くを眺めています まだ寝ぼけているのか淡い光の輪を纏ったお月様
戦没者墓地( 丸の内アサヨ )( 詩投稿城 )2017/12/24 07:30
皇居の茂みではしゃぐ 幼児のように老いたエムペラア 、 、 、 、 、 。 カラスかあとなき とびすがらくわえさるパン 千鳥ヶ淵りょうりょくとグリーン茶 渦巻けよと期待せど 渦巻かずに千鳥ヶ淵 皇居のぞき 振り返ればなんぞやのビルヂング
空っぽラブソング( 過呼吸。 )( 作詞投稿城 )2017/12/23 15:58
僕の不確かな心は 君がくれた愛も 優しさも 取りこぼしてしまうんだ 分かっているよ 全てを撥ねてしまった僕は 忘れられていくことも 望めないほどの傷跡を 深く抉って 君が残していった 夢でさえも 消してしまう いいよ もういいよ
( いぬつき )( 詩投稿城 )2017/12/22 04:50
この胸に 、 この心臓に 深く深く ずぶずぶと 冷たく 、 鈍く 、 鋭利で頑丈な そんな刃物を ゆっくりと 、 じっくりと 、 突き立ててしまいたいと そう 、 願ってしまうんだ 。 きっとこの胸に深くそれが突き刺さったなら さぞかししっくりくるだろうに
今日のまどろみ( まどろみ )( 詩投稿城 )2017/12/21 16:12
溶けて 溶けて 街と一体になる感じ 青空に負けないほど広がりたい 息と心を ゆっくり上に吐き出すよ コンビニの駐車場から 最近やってなかった まどろんで 広がること 閉口するわりには 心の中で喋りつづけてる なんも外で言いたい事なんか無いんだけどね
飴色の部屋( まどろみ )( 詩投稿城 )2017/12/19 12:22
さっきまでまたがっていた 赤いプラスティックの車を ストーブが照らしている 壁に張り付いた海亀も ガラス戸の中のグラスも ゆっくり 煌めいていた 三角テーブルと 干からびたソファーの近くに 母親と 一緒に居たんだけれど
作詞したい人、できる人、見せ合いましょう。( @くん )( 作詞投稿城 )2017/12/17 02:05
「作詞できる人 見せ合いましょ!! 」 のレス者です 。 勝手に作らせていただきました 。 *注意事項 ■ 作った歌詞の感想やアドバイスを歓迎しています^^!! 。 ◆ 歌詞の誹謗中傷 、 荒らし 、 過激すぎるもの駄目だよ〜 。 ■ 必ず自分の作ったものを投稿してね〜
服への愛( オレンジ )( 詩投稿城(感想版) )2017/12/16 20:55
もう 服屋さんが街から消え去るのだ 度重なるバーゲンセールにより というよりも 収入の不足からくる 服への購買力低下で それで無くなるのだ 確かに 頭の良い人にとって ファッションなど とるに足らない代物だろう でも 女性にとっては
趣味と妄想と本音と…( 詞葉 )( 詩集つむぎ城 )2017/12/16 17:54
(名前の読みは"ことは"です) ためらい ♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭ 嫌なことがあったり ちょっとイラついたり 本当は言ってしまいたいけど 相手の反応が怖くて 立ちすくんでしまう いつもいつも その感情が勝つ
犠牲バントの精神で( イノウエアツオ )( 詩投稿城 )2017/12/14 20:12
2人の芸術的独走トライを見た なりたいと思う 、 なれるんだろうか 自分にはとてもそこまでの 自信は持てなかった 騒がしかった私の周辺 なにか首輪をつけられるようで いくつか成果が出はじめてもいて いっそのこと犠牲バントの精神で
フリーダム( ちこ )( 作詞投稿城 )2017/12/13 03:00
自由に書いてけー でも相手を傷つけちゃダメだよ 「孤独のダンス」 ぱーらぴらっ たらぴっしゃん ぱーらぴらっ たらぴっしゃん 陽気な音響かせて 黒い日常をかき消して フィルター越しに聞く君の言葉は 淡々流れるBGM ぱーらぴらっ
庭の植物( 二川湯ん太郎 )( プロ詩投稿城 )2017/12/13 01:09
24時56分ごろに線路工事が始まった 音がようやく聞こえるようになってきたと 言うべきか 少なくとも工事車両が 近付いて来た 風が強かった今日 その名残が 夜にも残っている 雪が降りそうなほどの寒さ 工事車両の存在感 雨が降った昨日
サンダーソニア( ネン )( 詩投稿城 )2017/12/12 23:50
以前「金色の虫」というスレッドを建てた 、 元「くのを」です 。 放置している間に先のスレが過去ログに落ちてしまったので 、 新しく始めました 。 閲覧して頂けるだけで大満足ですが 、 返詩も大歓迎です 。 宜しくお願いします
青空毛布( まどろみ )( 詩投稿城 )2017/12/07 16:11
溶けて 溶けて 街と一体になる感じ 青空に負けないほど広がりたい 息と心を ゆっくり上に吐き出すよ コンビニの駐車場から 最近やってなかった まどろんで 広がること 閉口するわりには 心の中で喋りつづけてる なんも外で言いたい事なんか無いんだけどね
決め手( 二川湯ん太郎 )( プロ詩投稿城 )2017/12/06 01:00
遂にHの住処(すみか)を発見した 桑の葉がたくさん置いてあった 誰かの息子「阿斗(あと)」も居るはずだ 大学芋はまだ作られていない 長い坂の長い波動が 時間を凝縮して 短く映る 大学芋ではなくて鬼饅頭が作られた 私は電車の駅を降りて
社会風詩( イノウエアツオ )( 詩投稿城 )2017/12/05 23:54
1日1ページしか進まない本を読む ずっとわからない 、 わかると感動 塾 、 予備校では 、 こうはならない つまらなそうに 、 ホッとするだけ おんなじ本を精読してみる 30ページに6か月かける 60ページで復習のために 元に戻って 、 またやり直し
ビターアンドスウィート( てたく )( 詩投稿城(感想版) )2017/12/03 02:23
おすすめポイントが 今年の西暦と同じ数字の 二千十七ポイントに達したので ピッタリ賞に カールマルクス全集をもらい 純金の門を建築してもらった 昨日の点滅と停電 早朝の購買と回復 やはり付け替えられると光源が違う 輝度が違う
科学A( ちょび )( プロ詩投稿城 )2017/12/02 05:29
地球上で誰かが落ちたことを 誰か他の人が見ていたとしても きっとフツーだ ほんと誰かが地球じょうで 誰かが落ちたtところを目撃していても きっとフツーだ 悪いね だってさ 、 もっとずっと人口がいて 、 捧げなければいけない人がずっといて
反骨でゆく( イノウエアツオ )( 詩投稿城 )2017/12/01 11:02
1日1ページしか進まない本を読む ずっとわからない 、 わかると感動 塾 、 予備校では 、 こうはならない つまらなそうに 、 ホッとするだけ おんなじ本を精読してみる 30ページに6か月かける 60ページでわからなくなって 元に戻って
反骨の軌跡( イノウエアツオ )( 詩投稿城 )2017/11/30 11:01
1日1ページしか進まない本を読む ずっとわからない 、 わかると感動 塾 、 予備校では 、 こうはならない つまらなそうに 、 ホッとするだけ おんなじ本を精読してみる 30ページに6か月かける 60ページでわからなくなって 元に戻って
おもしろがれない( イノウエアツオ )( 詩投稿城 )2017/11/29 10:12
1日1ページしか進まない本を読む ずっとわからない 、 わかると感動 塾 、 予備校では 、 こうはならない つまらなそうに 、 ホッとするだけ ゆっくりと読む 、 すると詩が書ける 投稿サイトへ詩を投稿する ペンネームでも 、 詩の題名でも
私の中の君で良い!( 梨心 )( 詩投稿城 )2017/11/25 22:24
知らなかった方がいい 最近そんな情報ばかり ずっと走って疲れた 夢を持つのは休憩アリで行こう ゆらゆらずっと揺れている 私の人生これで良いのか? わかっちゃいないよ 、 そんなこと よろしく! あいさつは手短に そうしてる間に花は咲く
親不幸( 瑪鴉 )( プロ詩投稿城 )2017/11/25 08:32
ソフトバンクが優勝した日 私独りだけ蚊帳の外にいた それは携帯から鳴る着信音 身に覚えのある電話番号が 私の背筋を凍らせていった お父様が心肺停止の状態で 急いで病院に来て下さいと バスに揺られ電車に揺られ 生の実感が得られなかった
私の大好きなあなた( 坂本ひろみ )( 詩投稿城 )2017/11/24 23:04
私があなたのことを愛するようになったのは あなたの内なる魂が あまりにも気高くきらめいていたからです あなたの魂から発せられる言葉は 輝いて 、 私には眩しいくらいで それは私の本来持っていないものでした 私の空っぽの心の空洞は