Google
    

新着レス ( 詩カテゴリ )

記事投稿者掲示板時刻
話し合いの場( ぐっちい )( 詩人掲示板 )2018/02/21 21:00
ちょびさん なかなか面白い方だ 。 だから No.1981 で身も蓋も無い…って言ったのに(TへT) >まぁ 、 自己をお節介な変人とか自嘲するのは 、 暇人で且つ魂胆のある人でしょうね 。 暇人なのは確かw メビやってる時間があるんだから(爆)
演歌( 二川湯ん太郎 )( プロ詩投稿城 )2018/02/21 16:31
進化 神化 深化 新化 最初のこれらの提示で 、 これから先の詩の内容が暗示されて居るようにも思えました 。 「シ」と書いてサンズイと言う発想や 、 人間を「人げん」と表記する 。 ユダヤ人も出て来ましたね 。 箱崎ジャンクションは思わず調べて仕舞いました
遠方的汽笛聲( 二川湯ん太郎 )( プロ詩投稿城 )2018/02/21 13:06
読んで居て詩語に無駄がないと思った事と 、 同じ風景のなかを カーブだけに 望みを託しながら ただ 走るだけだろう このようにこの連が典型的ですが 、 やはり「カーブ」 、 この連には出て来ませんが「遠心力」 、 幾つのカーブを
no nonfiction( kyouhei tanaka )( 詩投稿城4世(隠れんぼ) )2018/02/21 10:52
#00 さっき神経はここちよかった 、 ますたー べーしょんみたいに風と遊んでいた たからか 風は何も残さず消えてしまった 僕の神経が またすりへったのだった
no nonfiction( kyouhei tanaka )( 詩投稿城4世(隠れんぼ) )2018/02/21 10:45
頭の中から不要な言葉をすべて断捨離したい 。 素敵だね 、 と言ったことがない 。 今度パートナーに言ってみよう 。 金子兜太さんが亡くなった 。 僕は今でも俳句が書けないが 、 金子さんなら自由に書けば?って言うような気がした
no nonfiction( kyouhei tanaka )( 詩投稿城4世(隠れんぼ) )2018/02/21 10:30
久しぶりに書く 。 ラフに書いていこう 。 今朝は三時より一時間前 、 二時に起きて二度寝した 。 電話の鳴る音がする 、 頭のなかから 。 今労働したあとで 、 歩いたあとで 、 ぐったりしている 。 それでも書くことの鍛錬は休みなくしなくちゃいけないと思ってキーボードを叩いている次第
ストレイシープ( 榛名 )( 詩投稿城 )2018/02/21 08:48
延々と続く砂漠の上 ただ脈打つ命をぶらさげる 渇ききった 干からびた もう歩けない もう歩きたくない 灰色の砂の底に倒れ込めば 知らずうちに雨粒が頬をつたい やがて土砂降りになる 私は 、 愛に気づく 「あること」そのものの苦しみ
自己の概念5( 魔人ムシン )( 詩投稿城 )2018/02/21 07:37
何より俺様が気に食わんのは貴様らのその嘘臭い微笑みだ!
自己の概念5( 魔人ムシン )( 詩投稿城 )2018/02/21 07:36
俺様は気に喰わんぞ 正義だ悪だともっともらしいことを言いやがって 自分が気に食わなかったから葬り去っただけではないか
私のために。( くら )( 詩投稿城4世(隠れんぼ) )2018/02/21 02:54
やはり人はぁ 手を使つて書かなけりやぁいけない ですぷれぇときぃぼおど 、 じやぁ 、 うぇるめいどぉ 。 かみの端と端のほぉに向けて 結びあひがなけりやぁいけませんつて ひやひやひゃ 、 いつの台詞じゃ 。 しゃけんど 、 奔放なつらなり
私のために。( くら )( 詩投稿城4世(隠れんぼ) )2018/02/21 02:48
俺のために してくれ 。
話し合いの場( ちょび )( 詩人掲示板 )2018/02/21 01:39
えぇ? なんでってそりゃ発言があって 、 それを確認したなら 、 返すでしょうが 。 まぁ 、 自己をお節介な変人とか自嘲するのは 、 暇人で且つ魂胆のある人でしょうね 。 言えばいいんじゃねぇすか? 言いたいことを 。 どーせこのままじゃ駄目になんだから
つづき.( ゆた、 )( 恋愛詩投稿城 )2018/02/20 23:41
続きはまた明日
つづき.( ゆた、 )( 恋愛詩投稿城 )2018/02/20 22:52
伝え損ねた言葉たち 今もまだフラついてる 仕方ないよね 捕まえてくれる人が いないんだもの
しんみりした歌詞を作る。( 銀魚のかふか )( 作詞投稿城 )2018/02/20 22:36
夜の戯言 空の月が 輝いている 大きく佇んで 僕らを見守っている きっとあそこには 兎がいるんだろう そして楽しく飛んでいるんだ でも僕はそこに行きたくはないな 勿論月への 憧れはあるさ でもそこに行きたくはないんだ 恋しいよ