Google
    

新着レス ( 詩カテゴリ )

記事投稿者掲示板時刻
共同墓地・詩の粉粉( たぃがぁばぁすぅ )( 詩投稿城2世(大人風味) )2019/08/17 20:28
月明かりがつくる森の叢雲と 夜も休むことなく流れゆく沢の音 岩が踊る音 水が泡立つ音 夜の森に響く時の流れの漣に 木の葉は揺られ 川底へと沈んでいく 砂に埋もれ 土へと孵る そうして生きる命があって カゲロウの子どもや トビケラの子ども達
作詞できる人 見せ合いましょ!!( 呉羽 )( 作詞投稿城 )2019/08/17 18:56
雨宿りさん 、 お久しぶりです! 私も報われて欲しいです なので 、 続きを書きます 私と笑った日々 思い出せないのなら アルバムのページを捲って 教えてあげましょう 成長した少女は 嘆く 嘆く 一つ 色なんて分からずに 心までセピア色になる
アクリル-巡りくる月のように。( たぃがぁばぁすぅ )( プロ詩投稿城 )2019/08/17 17:53
<DIV ALIGN="RIGHT "> 〜 </div> はタブだよ 。 右寄り表示にしたかったのか 。 詩の表現として使ってるのか 。 詳しくは「DIV HTML」で検索してみそ 。
記憶の軌跡( うたかた )( 詩集つむぎ城 )2019/08/17 14:23
私の描いた心象では いつも笑っていた 貴女と私で永遠に笑っている 輝かしい世界に彩り 空想した私たちの 成し得ることの出来なかった未来 想像し妄想し果てに見るは 涙で濡れた現実か
熱風( すみ )( プロ詩投稿城 )2019/08/17 07:36
No.7 >『>ことと同じように 、 それらは 、 空虚でしかない 。 結局は 、 空間で息をしているかどうかであるに過ぎず 、 生きることも死ぬことも空虚であることに変わりは無い 。 どちらにせよ空虚とは何かを説明したかったのだろうと解釈しています』
アクリル-巡りくる月のように。( ちょび )( プロ詩投稿城 )2019/08/17 05:08
ともかく全共闘爺だけはどのような場であっても許せないんだよ お前 、 全共闘爺だろ 。 だから僕はお前を否定してんだよ
アクリル-巡りくる月のように。( ちょび )( プロ詩投稿城 )2019/08/17 05:00
「あれは 、 びっくばん 、 というんだ 。 」 だと? お前 、 そのマヌケな文句で激昂した結果を知らないのか? 「日本人は悪いんだぁあああ!」 と叫んで 、 どうなったのか 、 知らないのか? 少なくとも 、 高野悦子は死んだな 。 「日本人は悪いんだぁあああ!」
【心底の閉鎖病棟】( クレア )( 詩投稿城2世(大人風味) )2019/08/17 04:25
【幾つの扉】 夜の街中を歩いていたら街灯が目に入ってチカチカして痛かった 。 もうこれ以上光を見たくなかったのだ 。 嫌で辟易するパーティーに参加して社交辞令を交わして仲良しごっこをする会なんてもう懲り懲り 。 眩しい照明がカラフルなドレスや露出した女の肌をさらけ出していく
【心底の閉鎖病棟】( クレア )( 詩投稿城2世(大人風味) )2019/08/17 03:54
No.219 Namariさん 、 初めまして 。 かなり遅れてごめんなさい 。 言葉が一つ一つ繊細で儚さが伝わってきました 。 また蛍の光のような緩やかな優しさを感じました 。 傷ついて流す涙は本当に痛いですね 。 涙は深いですね 。 この詩に共感しました
極夜の横顔( Namari )( 詩投稿城2世(大人風味) )2019/08/17 03:08
「去りぬ」 あの匂いがする 気に食わないな 面影に目が眩む 気に食わないな 外堀を態と残された 気に食わないな 心中覚悟の重い出だ ああ気に食わない そんな声が聞こえる気がするね 電気の灯っていない部屋を見ると 知らないけどねそんな事は
詩と遊ぶ <サブ記事>( 赤い苺 )( 詩集つむぎ城 )2019/08/17 02:11
こんばんは 。 (*^_^*) 詩集を読ませていただいてます 。 初心さんの個人の気持ちが素直に書かれていて 、 そこがとても良いと思いました 。 「詩を描く」のは人生を生きることだと 、 本に書いてましたよ 。 好きで書く人はそれだけで詩人なのだと思います
赤い苺の毎日の詩綴り( 赤い苺 )( 詩集つむぎ城 )2019/08/17 01:51
なんとなく味気ない ケーキたちは それは 貴方の心のように感じるよ 恥をさらして生きることが いいのか?と 自分に自答するけれど 、 それも何かの誰かへの良い影響になればいいなんて ほんと 、 わたしは物事を難しく考え過ぎなのかもしれない
熱風( すみ )( プロ詩投稿城 )2019/08/17 00:54
No.7 >『>生きている間に生を意識出来ない それは生きるのを中断しているからだと考えます 。 たとえば考えることを中断していれば 、 考えることとは何かを考えていることができません 。 (考える事ソノモノは考える事を中断していても考えていられているのかも知れませんが
羽化( )( 詩投稿城 )2019/08/17 00:42
** 明日からは別人 目を覚ませば羽化する 行こう 行きたかった場所へ 。
羽化( )( 詩投稿城 )2019/08/17 00:40
** 弱音はもう吐かない なんでもこなせちゃう なんでもできちゃう あたしになる 弱気はもういらない 明日のあたしは今日よりもさらに 輝く
熱風( すみ )( プロ詩投稿城 )2019/08/17 00:28
No.7 >『>死そのものは 、 生きることと同じ【くらい】空虚であるから 、 それは 、 意識から隔絶されている 。 生きることそのものが空虚である場合 、 たとえばそれは生体は生きることそのものではないからほぼ空っぽでもほぼ虚ろでもないが「きっとそのそのものはホボ空虚」だって事なのだと理解しています』
熱風( すみ )( プロ詩投稿城 )2019/08/16 23:27
No.21 あなたに言われなくともこの No.7 の返信を終わらせればそうなる 。 話し合いの場はあなたには必要ないだろうし 、 ぼくは 、 あなたのカウンセラーじゃない 。 話すのは今回で終わりにして欲しいし 、 ぼくは 、 あなたとこれ以上関わりたくない
熱風( すみ )( プロ詩投稿城 )2019/08/16 23:19
No.7 >『>であるとするなら 、 やはり 、 それは 、 感覚から隔絶されている 。 それは 、 つまり 、 意識ではないということ 。 死は意識ではないということだ 。 つまりは 、 意識のある間に死を夢想しようが 、 それは 、 空虚でしかない
熱風( 僻猫 )( プロ詩投稿城 )2019/08/16 23:04
こんばんは 。 おつかれさまです 。 また恨み言?なのかもだけど 、 僕はこれでも一日悩んだけれど 、 正直なにが良くなかったのかわからないので 、 読んでくれてありがとう 、 とりあえず今回はこれだけで済ませて 、 他の人の新しいコメントを待つ事にしたほうが良いと思います
熱風( すみ )( プロ詩投稿城 )2019/08/16 22:54
No.7 >『>死そのもの この『そのもの』とか『自体』とかっていう言葉は 、 私の嫌う価値観と同じ臭いがするので鼻はつまみます』 ああ 、 >『>熱風 この作品はそれほど良いとは思いませんでした 、 けれどそれは皆さんのコメントのほうがむしろカチがあるだろと思えたからで
熱風( すみ )( プロ詩投稿城 )2019/08/16 22:31
No.7 >『こんにちは 。 はじめまして 。 皆さんの言っていることがよくわからないから 、 ちょびさんの言っている事もわからないけど 、 何となくちょびさんがおそらく少しは憤っているだろう 、 そのカンカク?はほぼ'間隔'と同じ意味で理解出来るような気がしています