Google
    

新着レス ( 小説カテゴリ )

記事投稿者掲示板時刻
 ――三千世界の烏を、( しの、 )( 設定資料 投稿城 )2017/02/25 02:35
( 廃園と廃墟/ゾンビ/歩く死体/少年少女/人が生きられない世界/臓物がぼとぼと落ちる/痛覚も味覚もない/寝る必要もない/つぎはぎの死体/芸術品/言葉を発せられる人形 ) 【 The Beginning Of The End 】/終わりの始まり
落ちこぼれファンタジー合作者募集!( ゴン )( 募集・告知 )2017/02/25 02:23
逆にその国際犯罪組織だけは 、 内部で人間もそれ以外の人種も含めてあらゆる構成員が目的とする犯罪のために 、 いずれの国も 、 魔法学園を含めたどの団体もなし得ていない 、 完全に平等で差別のない関係を築き上げていたり
( 萌亜里 )( SF小説投稿城 )2017/02/25 01:29
レンズを覗くと月の陰影がよくみえた 寝袋にくるまり夜空をながめる ザザ 山から猪がおりてきたようだ リーン リーン ヴォー ヴォー 虫や蛙がないている 心地いい風がふく 星がちかちかと光る ウトウトとしているうちにねた
恋なんてするはずが無かったのに( 麗華 )( 恋愛小説投稿城 )2017/02/25 00:30
楓side 今咲さんとの接し方が分からない 。 …いや 、 好きな人との接し方が分からない 。 今まで恋なんていうものをした事が無いからかもしれない 。 晃の様に 、 かる〜く好きになって付き合うみたいなことも 、 やった事ないし
『私の運命の人は…君でした』( )( 恋愛小説投稿城 )2017/02/25 00:17
「ふぅ… 。 」 屋上で 、 1人空を仰ぐ 。 彩夏は先生に呼び出されちゃうしさ 。 でも 、 屋上久々に来たかもしれない 。 辺り見回しても 、 今は誰もいない感じ 。 「独り占めだ…っ!」 「残念 、 一人じゃないんだな… 。 」 この声は… 。 恐る恐る後ろを振り返る
Dance!!( まなみん )( 恋愛小説投稿城 )2017/02/25 00:00
ハラハラと散る薄ピンクの中を走り抜ける 。 春の温かい風が長く伸びた髪を揺らした 。 「おせーよ!おいてくぞー」 慣れないセーラー服に身を包み 、 真新しい気分で春真っ盛りを駆け抜ければ隣を歩いていた二人はあっという間に小さくなった
僕らを夢中にさせたお姫様。( 麗華 )( 恋愛小説投稿城 )2017/02/24 23:36
理月side 学校が終わり 、 家に帰って 、 自分の部屋に入ると 、 誰も自分を見ていないという解放感からか 、 肩が解ける 。 ドンッと 、 ベッドに背中から倒れる 。 いつからか 、 私は“自分を偽ることが上手くなった” 人を騙してきた
怪盗クイーンが、かっこいいと思う人話そうよ!!!( 九印 )( 本の掲示板 )2017/02/24 23:36
私もテストが近づいて来ています 。 映画も観に行きたいし 、 本も読みたいし今度はやみねさんの新刊が出るのに…… 。 ヒョオォォ!って感じです 。