Google
    

新着レス ( 小説カテゴリ )

記事投稿者掲示板時刻
あの日と僕( 千里 )( 書き捨て!小説 )2017/04/26 13:44
千里「ところでひとこといわせてもらうね 、 楔から聞いたんだけど……伊織の馬鹿……!お前にはお前を必要としてくれる奴がいるのに何で自らしにたい 、 とかいうんだよ……!俺なんかよりも 、 必要とされてるくせに……」
僕を救ってくれたのは。〜僕らの闘病生活〜 <サブ記事>( みわ )( 小説投稿城 )2017/04/26 06:22
かなしやかなしや 。 。 。
恋なんてするはずが無かったのに( 麗華 )( 恋愛小説投稿城 )2017/04/25 23:22
花楓side〔昼休み〕 「蒼汰君 、 行こ」 筆箱をもって 、 会議室へ行った 。 お弁当 、 4人で食べたかったけど仕方ないな… 。 委員長の話をただ一方的に聞いて 、 とりあえず今日は終えた 。 「はぁー 、 疲れたぁ」 その場でうんと伸びをすると
恋なんてするはずが無かったのに( 麗華 )( 恋愛小説投稿城 )2017/04/25 23:09
楓side 昼休み 、 いつの間にか一緒に弁当を食べるという事が習慣化し 、 『男子が迎えに来るべきだろ』 という鴫原の言葉に押し切られ 、 いつもの様に弁当片手に2人で隣のクラスへ行った 。 珍しく鴫原しかいなくて 、 花楓はどこをみても居なかった
書き捨て倉庫( 速音JUN太郎 )( 書き捨て!小説 )2017/04/25 22:33
手術が終わった 。 全身が痺れている 。 「………05は失敗だ 。 こんなケースは始めてだぞ……」 どうやら失敗だったみたいだ 。 まだ自分がどんな姿をしているかわからない 。 今わかることはこの3つ 。 @ 手術は失敗に終わったこと
書き捨て倉庫( 速音JUN太郎 )( 書き捨て!小説 )2017/04/25 20:57
「ま 、 まあ1回だけだし……別に問題無いよな……?」 俺は近くに誰もいない事を確認すると 、 キシキシと音を立てて古い階段をのぼった 。 のぼり終わると 、 目の前に汚れたドアノブがある 。 俺は 、 恐る恐るドアノブに手を掛けた
紡ぐ少年少女たち( 千里 )( 小説投稿城 )2017/04/25 20:49
19話 この事件が始まって間もなく一週間がたとうとしていた 。 千里は捜査に詰まっていた 。 一人捜査室で頭を抱えていると 、 一人の人物が入ってくる 。 「ああ 、 そうだ 。 僕はもう犯人が分かった」 「はぁ?!」 その人物は亜留斗で
さよならの変わりのありがとう <サブ記事>( 黒猫 )( 小説投稿城 )2017/04/25 20:06
ユルミスさん 二次創作はルールで禁止されています 。 二次創作はメビウスリングでは無理だと思いますよ〜 やるんだったら専用のサイトへどうぞ 。
さよならの変わりのありがとう( ユルミス )( 小説投稿城 )2017/04/25 20:03
「レン先輩ありがとうございます…」 「別にコンビニだよ行くの」 「カイトさんに…アイス買おうよ…」 アイは 、 笑顔で言った 。 「そーだな 。 」 「またハーゲン●ッツ…かな…」 遠慮がちだがすぐにわかる 。 アイはカイトに片思いしている
さよならの変わりのありがとう( ユルミス )( 小説投稿城 )2017/04/25 19:53
顔を赤くする 。 さらさらな髪がアイの顔を隠すように邪魔をする 。 「アル先輩 、 羨ましいな〜可愛い女の子がいて」 「そのわりには 、 アイ病気持ちだけどな 。 」 「可愛いから!」 「…」 アイは無言で俺の後ろに隠れた 。 見てみると顔が赤い